Blog

7/3きずなLaboライブペイント

7/3(日)、きずなLaboさんにお呼びいただき、人生初のライブペイントをしてきました。

 

というか、講演して、ライブペイントして、作品展をして、パステル講座をして、今までの自分の全てを出し切ったような日でした。

自分単体で呼んでもらえたのも初めてだったし、初めて尽くしの1日に。

 

講演では子どもたちとの関わりや鬱の経験、作品を交えた話をしました。

このような話をする機会をもらえると、今までの自分の人生にも意味があったのかなぁ、なんて思うことができます。

消えてしまいたくなるような苦い経験が、こうして自分のチャンスを広げてくれているんだと思うと、不思議なものです。

 

人生初のライブペイントは、夕日と「繋がり」をイメージしました。

20分くらいかけて、絵と言葉を描き描き。

反省点だらけで、改善する余地がまだまだありますが、自分らしい作品に仕上がったかなぁ、と。

 

苦い経験があったからこそ、寄り添える悩みがあって。

苦い経験にも「誰かの力になれる」価値があったんだって、悩みを打ち明けてくれた人のおかげて気づくことができて。

こうやってどんな経験も繋がっていくんだなぁ、と思う日々です。

 

 

↓ライブペイントの様子を、主催者の息子くんが撮影・編集してくれました。

 

パステル講座も皆さん楽しんでいただけたようで、時々没頭して表れる「無言タイム」が心地よかったです。

同じ絵を描いているはずなのに、それぞれの作品には少しずつ工夫や個性が出て、どれも暖かい作品に仕上がっていました。

 

どんな人が聞きに来られるのかなぁ、とワクワクドキドキでしたが、とても温かい方たちばかりで安心して過ごすことができました。

最後は皆さんに大量の荷物を運んでいただき、ホントに助けてもらいました。

こうやってまた新しい繋がりができて、活動を知ってもらえて、とても素敵なご縁が生まれていくんですね。

 

企画してくださったきずなLaboの原さん、息子くん、参加してくださったみなさん、素敵な時間をありがとうございました。

-Blog

© 2022 詩描き人ふじ Powered by AFFINGER5